日本語には、世界でも例を見ないような特別なルールがあります。それは敬語であり、目上の人を敬う気持ちを言葉として表すものです。しかし、日本人として日本語には自信を持っている人であっても、敬語の使い方には時に不安になることがあります。ビジネスの重要な場面でも、うっかり敬語の使い方を誤ってしまうということがよくあります。正社員はもちろんのこと、仕事として働く以上はアルバイトでも正確な敬語を使いこなせなければなりません。特に飲食店などのサービス業の分野では、バイト敬語をよく耳にすることがあります。この業界独特の敬語が広く使われるようになり、それが常識化していることが現状です。確かに、業界の中でスタンダードとなっているバイト敬語は、安心して使う事ができます。しかし一方で、誤って敬語を使うことを不愉快に思っているお客がいることも事実です。そこでアルバイトは、職場でどのような敬語を普段から使っているかについて振り返り、それらをみんなで正す姿勢を持つ必要があるでしょう。改めて確認してみれば、普段からどれだけ間違った敬語を使っているかが分かってきます。まだこれからでも十分に間に合う事から、バイト敬語から脱却して正しい敬語が使いこなす事ができるよう、訓練すべきでしょう。大切であるのは、職場全体でも敬語を改める取り組みを行う事です。チームで正しい敬語を使う事を心がけるようにすれば、職場で自然と正しい敬語が使えるようになりますよ。あなたの職場でも、バイト敬語を見直すきっかけを作ってみてはいかがでしょう。